ご挨拶

理事長 上西 紀夫

当財団は、昭和57年2月に内視鏡医学の研究遂行を奨励、助成することで、世界の医学に貢献し、併せて人類の福祉向上に寄与することを目的として設立されましたが、平成22年11月に公益法人制度改革に基づく公益法人の認定を受け、『公益財団法人内視鏡医学研究振興財団』として新たな一歩を踏み出すことになりました。

今や内視鏡医学は臨床医学にとって無くてはならない領域となり、消化器、呼吸器、泌尿器、耳鼻科、産婦人科、整形外科、循環器、頭頚科、脳外科と多岐に亙っております。特に近年では従来の診断を中心としたものだけでなく、内視鏡を応用した治療、さらに外科手術の分野へと大きく進歩し、この領域は内視鏡学の大きな部分を占めるまでに至りました。

当財団の活動は、臨床各科に亙った内視鏡に関連した研究に対し幅広く助成することに大きな特徴があり、その主たる事業であります「研究助成」では平成27年度までに1100件の助成を行ってまいりました。

また、本邦の内視鏡医学の水準は、これまで世界のトップレベルにあって、各国に対し多大な啓蒙的役割を果たしてまいりました。当財団はその一端を担い、本邦の内視鏡医学に関心を寄せ、研究のため来日される多くの海外研究医の方にも助成を行ってまいりました。これらの研究医は帰国後に夫々の国において指導的な役割を果たしており、ひいては世界の内視鏡医学の発展に大きく貢献しております。更に、海外の学会にて報告される本邦の若手研究医には渡航費の一部の助成も行っております。研究成果を広く世界に発信し、更なる活躍を期待するものであります。
 医学会を見渡せば この10年で内視鏡を冠した学会は8学会となり その会員数は3割増加し延べ6万人を超す会員が内視鏡額医学の研究・発展に取り組んでおります。
当財団では昭和57年の設立以来、助成件数で約4,100件、助成金額で約14.8億円の諸事業を行ってきており、当財団の存在意義はこれからも益々大きくなるものと考えております。

関係各位には、今後ともより一層のご支援、ご協力を賜わりますようお願い申し上げまして、私のご挨拶とさせていただきます。

理事長 上西 紀夫