研究助成募集要項

平成30年度海外研究医受け入れ助成応募要項

−定款第4条の4、海外研究医受け入れ助成事業−


1.助成対象

本邦の内視鏡医学の進歩発展に多大の関心を寄せ、本邦の医師と協同でさらなる内視鏡医学の研究をする目的で来日する外国の医師に対し助成します。但し、研究期間は3週間以上を条件とする。また、同一の海外研究医への助成は原則1回まで、日本に居住する研究医は対象外とします。

2.受け入れの時期

平成30年4月1日〜平成31年3月31日までの間に研究者を受け入れる予定のある機関。

3.受け入れ機関

研究医が希望する研究の成果をあげられるよう、設備・指導要領などが整備されていること。

4.推薦者

応募の際は次の推薦者を必要とします。
受け入れ機関が総合大学の場合は学部長、研究所は研究所長とし、単科大学の場合は学長とする。
大学以外の場合は所属施設の最高責任者とする。

5.応募方法

当財団所定の平成30年度 海外研究医受け入れ助成申請書による。

6.研究助成金

来日される医師の航空運賃、滞在費及び研究費の補助として、当財団が別に定める規定による。

7.応募締切日

平成29年9月30日

8.採否の通知

平成30年2月中旬、申請者宛に採否を連絡

9.助成金の交付

平成30年4月以降とし、平成30年度 海外研究医受け入れ助成申請書による助成金の使途が発生したとき。

10.選考方法

選考委員会にて選考の上、理事会の承認により決定します。

11.研究成果の報告

研究終了後、速やかに申請者より所定の報告書を当財団宛に提出して下さい。
尚、報告に際しては、研修・見学等だけではなく、研究成果を主とした記載をお願いします。

12.研究医の身元保証

一切の責任は研究医受け入れ機関とします。

13.お問い合せ及び提出先

〒151−0053 東京都渋谷区代々木2丁目16番7号 山葉ビル
公益財団法人 内視鏡医学研究振興財団 事務局
Tel&FAX 03-3375-3531
E-mail. endo-jfe@endo-jfe.or.jp


ダウンロードについて

Windowsの方
テキストリンクの上で右クリックし、「対象をファイルに保存」「リンク先を名前を付けて保存」等を選んでください。

Macintoshの方
controlキーを押しながらテキストリンクの上をクリックし、「リンクをディスクにダウンロード」「リンク先を名前を付けて保存」等を選んでください。

※申請書は書式を変更しないようお願い申し上げます。


研究助成募集要項へ戻る